覇権国家

多分僕が言うまでもなく、いろいろな人が既に論題にしているに違いないのでしょうが。

アメリカの世界における覇権志向は、そんなに悪いものなのでしょうか。

イスラム世界における、女性に対する人権の蹂躙は、看過されるべき問題でしょうか。
日本では根付いていないとはいえ、民主主義は、そんなに悪いものでしょうか。

いや、日本の民主主義の問題点は、
常に自分たちの頭の上に何かを想定した上で論議しているのであって、
『民』が、自分たちで自分たちの人生・決断に責任を持って、弁論・説得と言う手段で、
利益の分配を計っていこう、とする気持ちが、根底にない、ということなのかもしれません。

古くは『天皇』が主権者でしたし、その後、
『親方日の丸』(日の丸=中央官庁及び内閣)という倫理観、
そして現在は、
放縦こそ自由であり正義という始末。

何なら、『親方星条旗』の方がましなのでは?と思う今日この頃です。
いや、既になってるのでしょうか?

――ミクシィ日記にあった記事に着想を得て。
[PR]
by life_bw_txnjp | 2007-04-30 14:36 | 政治哲学・ポップ


<< 複雑な心境 Do I Hate Japan... >>